アラフィフの気になる事 -ともたか39-

ともたか39と申します!アラフィフのフリーランスブロガー。50代周りになり健康、ファッション、趣味などアラフィフ目線で感じた情報を発信し、悩みに対しても改善策を探求しています。

2018年04月

デートで好感度が150%アップする肉がメインのレストラン

美味しい肉が食べられ、女性が喜ぶ肉レストランをご紹介

こんにちは。ともたか39です。
アラフィフになると脂っこいものが段々駄目になってきます。特に肉類、寿司の大トロ、中トロなど。
が、しかし、しかしですよ。アラフィフの独身男性で女性とデートしたいならばそんな事は言ってられません。しかも歳下の女性であればなおさらです。女性は圧倒的に肉類を好む方が多いです。
そこで旨くて、そして女性に喜ばれるステーキやハンバーグが食べられるお店をご紹介します。
今回ご紹介するお店をチェックして、思いのある女性へデートを誘ってみましょう。あなたへの好感度が1.5倍UP↑するのは確実!

肉


ニクバル CARNIVOR

まずは東京・赤坂にあるニクバル CARNIVORをご紹介します。
テレビや雑誌などのメディアでも紹介され、老若男女関わらず大人気の肉祭りのお店です。
ここの自慢は山形牛・黒毛和牛を一頭買いし、その牛の旨味を取りこぼすことなくシンプルに、かつ贅沢にお客様へ提供されるところにあります。
希少部位も他のお店と比較しても低価格なお値段で提供してくれます。山形県産の黒毛和牛の部位シャトーブリアン100gでなんと4,500円!
他の肉よりはお高めですが、ただ山形牛・黒毛和牛のシャトーブリアンがこのお値段で食べられるとなると、女性は喜ぶし、あなたも誘った女性から“できる大人の男”として一目置かれることは間違いなし!
個室もあるので二人きりの空間で贅沢な料理、時間を堪能しましょう!
そしてランチも1,000円からあるのでランチデートにも最適。
ランチ、ディナーとも混んでいる事が多いので、予約した方が女性を待たすことなく安心できるでしょう。

お店の詳細はこちら↓
ニクバル CARNIVOR

ニクバル CARNIVOR


ハングリータイガー

主に神奈川県で展開するチェーン系レストランハングリータイガー
この中でも私がお勧めする店舗は保土ヶ谷本店。自動車でないと少し行きづらいですが、この店舗の広さと天井の高さ、そして店内から見れる横浜新道がオシャレ感を演出してくれます。
ここでお勧めしたいのが炭火で焼いたビーフ100%ハンバーグ!店内に漂う香ばしいにおいは食欲を増幅させます。
ステーキも本格的でハンバーグと合わせたセットメニューもありお得感満載です。
都内在住や神奈川在住の方であれば湘南などへドライブし、その後のディナーなどで行けば好感度150%アップです。
ディナータイムはファミリー層が多いため混み合います。休日となると平日では比べものにならないくらい混み合い、待ち時間がハンパじゃありません。2時間待ちもあるくらいなので、早めに行くことをお勧めします。また予約はできず、整理券を当日のネット上から取得する事ができるので、スムーズに行けるように整理券取得は必須です。

お店の詳細はこちら↓
ハングリータイガー

ハングリータイガー


ステーキハウスB&M

東京都内の城南地区で展開するステーキハウスB&M
私が良く行くB&Mは大井本店なのですが、雰囲気もアメリカンなステーキハウスという感じで、 “ステーキ食べるぞ”という気持ちになります。
ステーキ、ハンバーグとも美味しいのですが、サーバーサービスというのがあり、これがステーキに良く合う。
サーバーサービスとは、ステーキやハンバーグの付け合せとして3種類のポテトが食べ放題です(1回の注文時に頼めるだけですが)。
なかでもマッシュポテトがステーキと良く合うわ合うわ。こう書いているだけでもマッシュポテトとステーキが食べたくなります。
B&Mに行った時はステーキの他にサーバーサービスを付けるのをお忘れなく!
そしてこのお店も混み合いますが営業が平日なら深夜2時、休日なら深夜1時までやっています。
早い時間なら予約を。または相手が遅い時間までOKなら10時以降に行く事も混雑を避けられます。
この大井本店は品川区役所のすぐ近くで大井町駅から徒歩7分くらいです。帰り道に“せんべろ”できるお店が沢山あります。もし下町ディープな居酒屋好きの女性であれば、ステーキのデザート代わりに安価で飲める居酒屋さんへレッツゴーです(笑)!

お店の詳細はこちら↓
ステーキハウスB&M

ステーキハウスB&M


今でも観返すオススメな映画

また観たくなる“ともたか39”が厳選した映画

こんにちは“ともたか39”です!
中学3年生の時に初めてVHSのビデオデッキを自腹で購入。それから映画館へ行くより家でビデオやDVDで観る事が多くなり、映画絵の観方も変わってきました。
あなたにはもう一度観たい映画は何作品ありますか?その中に私がお勧めする映画も絶対に入ると思います。
私の勝手な自己選択ではありますが、好きな恋人、仲の良い友達、または1人でも楽しめる、そしてまた観たいと思う映画を自信を持ってご紹介していきます。

“ともたか39”が厳選する映画


恋する惑星

これは香港映画です。香港映画ときいてカンフー映画をイメージしたならば間違いなくアラフォーかアラフィフ世代以上です(笑)。
この映画は純粋で透明感のある恋愛模様を描いた映画です。監督はウォン・カーウァイ。彼はカンヌ国際映画祭の監督賞をはじめ数々の国際的な賞を受賞しています。
この映画は2つの恋愛ストリーから構成させ、1つ目は金城武、2つ目はトニー・レオンが主演しています。そして2つ目はフェイ・ウォンも出演しており、何とも言えないくらいかわいい演技をしています。
撮影はクリストファー・ドイルが撮影しているのですが、ウォン・カーウァイが「僕の目だ!」と称賛したくらいウォン・カーウァイのイメージを透き通ったまま映像化しています。
この映画を観ると異次元のおとぎ話の世界へ連れて行かれたみたいな感じになります。ストーリーを追っかけなくても映像だけでも楽しめて心が緩む映画です。
そう!挿入歌のフェイ・ウォンが唄う「夢中人」も映像と共鳴しているので、聴き逃さないでください。

恋する惑星


マイ・ブルーベリー・ナイツ

これもまたウォン・カーウァイが監督した映画です。主演はなんとノラ・ジョーンズ。そしてジュード・ロウ、ナタリー・ポートマンなどの名優も出演しています。
これも「恋する惑星」同様で映像の色使い、カメラアングルなどなどオシャレ感満載で撮られている映画です。
ストーリーはエリザベス(ノラ・ジョーンズ)がは失恋した事をきっかけに旅をするロードムービーです。ノラの演技が初主演とは思えないくらいのかわいい演技をしています。
音楽はライ・クーダーが担当しているのですが、映像とピッタンコでこの英語を異空間へ連れて行くための無くてはならない調味料のような役割をしているので、映像と一緒に音楽も楽しんでください。

マイ・ブルーベリー・ナイツ


湯を沸かすほどの熱い愛

宮沢えりが主演で、今まで観た宮沢えりの映像作品の中で一番の演技をしている作品だと私は思っています。とても強く、心温かい母親役を演じていて、生きるという現実の幸福感、厳しさを改めておしえられる映画に思いました。
娘役で杉咲花が演じているのですが、最初は弱い女の子ですが母親の強さに影響され徐々に強くなっていく姿はアラフィフのオヤジでも心打たれる演技力でした。
大まかなストーリーを語りたいのですが、実際に観て私と同じ感動を受けてもらいたいので、あえてストーリーは語りませんが、私は2日連チャンで観てしまうくらい心が動かされた映画です。
とにかく宮沢えりと杉咲花の演技が圧巻です。

湯を沸かすほどの熱い愛


ジョゼと虎と魚たち

この映画が公開されて10年以上過ぎているのですが、何回観た事か…。
ウォン・カーウァイ監督と同じくらい映像が透明感あって、とても綺麗な世界観の映像を創り出す犬童一心監督の作品です。
妻夫木聡、池脇千鶴が出演しており、二人のラブストーリーの話なのですが、最後は何とも言えないくらい、いや現実そうなる事が多いのだろうけど、映画というフィクションの世界では…と考え込んでしまった映画です。
映画内で出てくる海岸線をドライブする映像とくるりの音楽がとてもマッチし、心に焼き込まれるシーンでした。

ジョゼと虎と魚たち


実はこの4本の中で映画館で観たのは「マイ・ブルーベリー・ナイツ」のみでした。
他3本はビデオ、またはDVDで鑑賞したのですが、今となっては“何故映画館で観なかったのか”と後悔する程、素敵で忘れられない映画でした。
自分もこういった事を境に教訓にしましたが、直観でも良さそうだと思った映画は映画館へ足を運んで観に行きましょう。
家で観るより映画館で観た方が感動が最大限に感じられます。
映像、音、そしてその中にある演技、ストーリーを体感する事で感動をしましょう。
1人でも2人でもそれ以上でも観たいと感じたら映画館へ!
映画は今も昔も、そしてこの先も【総合芸術】です!

みんなに自慢できる!隠れた踊れるダンス・ミュージック!

踊りたくなるレアなDANCE MUSIC(ダンス・ミュージック)

こんにちは。踊れる曲が大好きな“ともたか39”です。
聴いた事があるけど曲名、ミュージシャン名やバンド名までは知らない。認知度が低いけれど、聴けば何となくわかる、そしてハマるレアでソウルでファンキーでダンサブルな曲は結構あります。
そんなダンス・ミュージックの中でも踊れる曲が断然に多いソウル・ミュージック(R&B、FUNK)からピックアップしました。
私はダンス・ミュージックを聴き始めて40年近くなりますが、今回ご紹介する曲は当時の活躍ぶりは全然知らず、20代以降に知った曲ばかりです。
レアな曲をあなたの恋人、友人に聴かせてあげれば、みんなから一目置かれるかもです!

FREEDOM - Get Up And Dance

スチャダラパーが東京スカパラオーケストラとコラボしてカバーした事で有名になりました。
一度は聴いた事があるのではないでしょうか?「パーパラパッパパラー〜」と始まるあの曲です。
私もこのバンドを知ったのは20年以上前の90年代ですが、【FREEDOM】が活躍したのは70年代の後半のようです。当時この曲がヒットしたのかどうかはわかりませんが、最初から最後までノリノリになれる楽曲です。この曲で踊れない人の気持ちがわからないと言っても過言ではありません。
ダンスや音楽が好きな恋人に是非おしえてあげましょう!好感度上がること間違いなし!




JACKSON SISTERS - I Believe In Miracles

JACKSON5(後のJACKSONS)は知っているけど【JACKSON SISTERS】を知る人は少ないでしょう。ジャネットやラトーヤがいたグループではなく、JACKSON5とも全然無関係の5人姉妹グループ。
日本でもフィンガー5といった兄弟グループがいましたが、それと同じ感覚で、かつノリで作ったグループじゃないかと勝手に思っています(笑)。
でも70年代にキチンとアルバムを1枚リリースしてるんですよー。
私がこの曲を知った90年代にアメリカへ行き、【JACKSON SISTERS】の事をレコードショップの人に質問をしたら“全然知らない”と言われてしまいました。多分当時のアメリカでも、それほどヒットしなかったのではないかと推測します。
でもこの“I Believe In Miracles”は聴き覚えがあると思います。特に女性へのウケが良いのでは、と自分は思っています。
これも恋人や友人におしえてあげると“コイツやるな”ときっと思われるはずです!




NEW BIRTH - Never Can Say Goodbye

私自身もこの【NEW BIRTH】というバンドの曲はこれしか知りません。調べてみるとこちらも70年代に活動していたバンドでヒット曲もそうは多くないみたいです。br /> ただJACKSON5の名曲“Never Can Say Goodbye”をカバーしたモノなのですが、本家よりこっちの方が断然に私は好きです。
ボーカルの女性の声が当時のマイケル・ジャクソンより“コイツやるな“子供声”っぽく聴こえます。「Never Can Say Goodbye」と唄えあげるところなんか、本当にキュートでかわいい! スローな感じでムーディーに踊る時、意中の人を落とす一歩前の時には最適な曲です。




MELISSA MANCHESTER - Bad Weather

【MELISSA MANCHESTER】という女性ボーカリストを知ったのも90年代。この方も70年代から80年代にかけて活躍していたようですが、リアルタイムでは全然知りませんでした。
この曲もカバーになるのですが、原曲はダイアナ・ロスが脱退したスプリームス(Supremes)にスティービー・ワンダーが書き下ろした曲になります。これも原曲よりこのカバー曲が断然に私は好きで、踊れます!
そしてスプリームスよりも歌唱力は上ですし、とってもキャッチーでポップにカバーされています。
これもみんなにおしえちゃいましょっ!




70年代はレア・グルーブの宝庫

こういった曲は当時(90年代)に通っていたクラブやソウル・バーなどで知った曲がほとんどですが、発売当時はヒットしていないけど、今聴いたらノリノリになれる曲は、まだまだ沢山隠れています。
またこういったレア・グルーブ(Rare groove)、隠れた踊れる曲を紹介しますので、それまで射止めたい恋人、仲良くなりたい友達へおしえつつ、仲を深めてください!!

アラフィフ男のフリーランス話

アラフィフにして3回目のフリーランス

こんにちは。ともたか39です。
今回は私自身のフリーランス話をしていきます。
フリーランスは46歳にして3回目になります。たぶん今後は企業、団体などには所属せずフリーランスでやり通そうと思っています。(というか、アラフィフの再就職は厳しいのが本当のところです。)
なぜ3回目のフリーランスになったのかを同じような境遇になった方への応援、そして一緒に頑張りましょうという気持ちで書くことにしました。
ご興味を持たれた方は是非最後まで読んでいただけたら幸いです。
アラフィフ フリーランス

最初のフリーランスは34歳

地元の都立高校を卒業後、コンピュータのプログラミング技術を学ぶために専門学校へ進学しました。(大学に行くための知能指数が足りなかったからですが…)
専門学校卒業して、当時東証一部へ上場している鉄鋼会社のソフトウエア部門へ就職しました。
2年半勤め、その後にコンピュータで音楽を学習するソフトを開発・発売している会社に転職しました。
転職した会社を約10年勤めましたが、不景気の煽りを受け会社都合で社員全員がクビになりました(苦笑)。
年齢は34歳でしたので転職先いくつかあり再就職も考えましたが、周りの仕事仲間などからチョコチョコと私個人に対して仕事の依頼をいただき、流れで何となくの1回目のフリーランスがスタートしました。
1回目のフリーランスでの主な仕事はインターネット関連の仕事が右肩上がり中な事もあり、ホームページ制作、WEB・メールなどのサーバ構築、運用、管理の仕事でした。順調といえば順調でしたがこの先これでけで食べていけるかなという不安はいつもありました。
そんな時、転職した時に知り合い10年勤めた会社で出会った当時信頼していた先輩から「一緒に会社をやらないか?」と声を掛けてもらい、迷わず二つ返事でその話に乗り再度会社員の仕事スタイル戻ります。
ここでは引き続きフリーランスでやっていた時の仕事と同じホームページ制作、サーバ構築・運用管理に加え、私自身が音楽、写真、絵画好きという事もあり、当時フリーで活動していた女流写真家と男性JAZZミュージシャンを引き込み、とアーティストのマネージメント業務もスタートさせました。
儲かる儲からないは別にして、とにかく忙しい日々を過ごしましたがとても充実していて楽しく満足できる毎日でした。それが…。
1回目のフリーランス

2回目のフリーランスは38歳

この会社で勤め2年後、信頼していた先輩からの金銭面、信頼面などの裏切りでこの会社を退職しました。
しかしこの時の仕事で知り合った先輩、仕事仲間の方々から私個人への仕事依頼が急増し、気が付くと2回目のフリーランスになっていました。
この時の仕事は主に広告代理店や大手メーカーからレギュラーでいただくホームページ制作がメインになっていました。
この当時は今ほどWordpressやMovable TypeなどのCMSはまだ世の中には浸透していない時代なので、htmlを制作しまくっていました。
年収は万単位で4桁は軽く超えていた時で年収面では大満足でしたが、体力面はかなりしんどかったです。
理由はクオリティを良くする事は勿論の事、スピーディーに制作する事が最重要だったため、時間との戦いでした。クライアントからOKが出たと思った公開前日に、クライアントの鶴の一声で全部作り直し、なんて事は日常茶飯事で、深夜から朝までの作業がほとんどだったので(汗)。
この当時は新しい情報発信する際は、新たにhtmlの制作が必須だったため、1週間でhtmlを30ページ(ファイル)制作するのは通常で、多い時は50ページ(ファイル)以上の制作をするなんて事もありました。
そんな時、それを知った“裏切りの先輩”からの妨害や、自分自身の体力的面で苦しんでいた事をしった別の先輩から会社と事務所を立ち上げたので“一緒にやらないか?”と声を掛けてもらい、これも二つ返事で喜んで入社しました。これが42歳の時でした。が、しかし…
2回目のフリーランス

3回目のフリーランスは46歳

ここでも詳しくは掛けませんが仕事、金銭、プライベートの事などで様々な問題、トラブルが起こってしまい、心が疲れ切ってしまい、46歳にもなったのに逃げるようにして辞めてしまいました。
ここで今の3回目、そしてアラフィフのフリーランスになる訳です。 ただここで培ったアフィリエイト、SEOの事などを武器にして、1回目や2回目のフリーランスの心持を改め、人から仕事をいただくのではなく、自分が生み出すもので仕事をしていこうと決めました。
今までのフリーランスの仕事スタイルは釣堀の鯉や鮒のように餌がくるのを待って、それに噛り付く仕事の仕方をしていましたが、これからは自分自身の情報・サービス発信で仕事をしていかなくてはと心に強く言い聞かせ進むことにしました。
自分1人でやるのは時間や働き方のスタイルの管理、そして仕事の成功・失敗はすべて自分の責任になります。個人事業主となると苦しい事は増えますが、良く言って自分の好きな事を仕事にでき、心に余裕ができます。<br />
でもやはりアラフィフでのフリーランスは簡単ではありません。<br />
3回目のフリーランスになって約1年になりますが収入面では苦しい状況が続いています。でもその苦しさも会社員時代と違って、頑張る活力になっています。<br />
私より1周り以上歳下のフリーランスブロガーの方々の書籍を何十冊も読ませていただきましたが、仕事の仕方、心持などを勉強させてもらっています。<br />
年齢は関係なく自分自身を管理、そして目的を達成させるためには個人事業主(フリーランス)になる事が一番良い事だと信じ、これからも楽しみながら頑張っていきます!

定額の音楽聴き放題サービス。本当に得なの?

流行の音楽聴き放題サービス。得するの損するの?

アラフィフブロガー“ともたか39”です。
今や音楽はCD、レコード、テレビ、ラジオの媒体から聴く人口は年々減っているようです。
私もスマホやMP3プレーヤーで音楽を聴く事が多いのですが、必ずCDを購入し、そこからスマホやMP3プレーヤーにコピーする入れ方でおこなっています。 しかし現代の若い人達はYoutubeなどの無料動画サイト、または定額の音楽聴き放題サービスで音楽を聴いている方が増えているとの事。
Youtubeなどの無料動画サイトは私もたまに利用するのですが、音質は良くないですね〜。
では音楽聴き放題サービスの音質はどうなのか?または毎月支払う分だけの価値があるのか?ドコモがサービス提供している【dヒッツ】、Amazonがサービス提供している【Amazon Prime Music】の2サービスを調査してみました。

dヒッツ Amazon Prime Music


dヒッツ

まずは【dヒッツ】のサービス詳細は月額500円(税別)で楽曲数は450万曲以上。

dヒッツ

J-POPの曲がほとんどなのかと勝手に思っていましたが、洋楽も充実しているようです。欧米のPOPミュージック、そしてJAZZ、FUSIONまでも。
私が気に入った機能としては聴いてる楽曲の歌詞を表示してくれるので嬉しい!
そして毎月10曲まで気に入った曲をダウンロードできます。これだけでもCD1枚購入するより安くなりお得です!またパケット代の節約にもなります!

⇒【dヒッツ】の詳細はこちら!

音質に関しては【Amazon Prime Music】の詳細を書いた後にまとめてお話しします。

Amazon Prime Music

次に【Amazon Prime Music】のサービス詳細を記していきます。
Amazonプライム会員向けのサービスの1つで料金は月額400円(税込)、または年額3,900円(税込)。楽曲数は100万曲以上。
  • ※Amazonプライム会員になると購入した商品の“お急ぎ便”費用、または“お届け日時指定便”費用が無料になったり、「Prime Video」といってAmazonが配信する映画やTV番組が見放題になったりするサービスです。詳細は以下のバナーをクリックして参考、検討してください。


この【Amazon Prime Music】に比べて膨大な楽曲数“4,000万曲以上”が聴き放題のサービス【Amazon Music Unlimited】があります。これを使用するには月額980円(税込)、Amazonプライム会員なら月額プラス780円(税込)で利用できます。



聴き放題の音源の音質

【dヒッツ】も【Amazon Prime Music】も音質では大差ないです。両方とも同じですが、圧縮された音源なのでどうしても音質のクオリティが下がり、CDやレコードに比べて機械染みた“キンキン音”に聴こえてしまいます。ただスマホやMP3プレーヤーで聴きなれている方であれば全然問題ないでしょう。
ただアラフィフ世代からそれ以上の世代の方に多いJAZZやSOULなどをレコードで聴きなれている方は温か味が無く、冷たい音に聴こえるかもしれません。
そして何よりwifiを使用しないとパケット代が膨大にかかります、ご使用なる時はご注意を!
でも【dヒッツ】は毎月10曲までダウンロードできるそうなので助かります。【Amazon Prime Music】も同サービスを願います。

音質の事は気にしない方で懐かしい日本の歌謡曲や古いロック、R&Bなどを聴きたい方はオススメです。アラフィフ世代でも1〜2ヶ月の短期間で試してみる価値はあると思いますよ!

dヒッツ



livedoor プロフィール

ともたか39

大森在住のアラフィフ男のフリーランスブロガー“ともたか39”です。世の中のトレンド、自分の趣味、気になる事をアラフィフ目線で情報発信していきます!

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード