アラフィフにして3回目のフリーランス

こんにちは。ともたか39です。
今回は私自身のフリーランス話をしていきます。
フリーランスは46歳にして3回目になります。たぶん今後は企業、団体などには所属せずフリーランスでやり通そうと思っています。(というか、アラフィフの再就職は厳しいのが本当のところです。)
なぜ3回目のフリーランスになったのかを同じような境遇になった方への応援、そして一緒に頑張りましょうという気持ちで書くことにしました。
ご興味を持たれた方は是非最後まで読んでいただけたら幸いです。
アラフィフ フリーランス

最初のフリーランスは34歳

地元の都立高校を卒業後、コンピュータのプログラミング技術を学ぶために専門学校へ進学しました。(大学に行くための知能指数が足りなかったからですが…)
専門学校卒業して、当時東証一部へ上場している鉄鋼会社のソフトウエア部門へ就職しました。
2年半勤め、その後にコンピュータで音楽を学習するソフトを開発・発売している会社に転職しました。
転職した会社を約10年勤めましたが、不景気の煽りを受け会社都合で社員全員がクビになりました(苦笑)。
年齢は34歳でしたので転職先いくつかあり再就職も考えましたが、周りの仕事仲間などからチョコチョコと私個人に対して仕事の依頼をいただき、流れで何となくの1回目のフリーランスがスタートしました。
1回目のフリーランスでの主な仕事はインターネット関連の仕事が右肩上がり中な事もあり、ホームページ制作、WEB・メールなどのサーバ構築、運用、管理の仕事でした。順調といえば順調でしたがこの先これでけで食べていけるかなという不安はいつもありました。
そんな時、転職した時に知り合い10年勤めた会社で出会った当時信頼していた先輩から「一緒に会社をやらないか?」と声を掛けてもらい、迷わず二つ返事でその話に乗り再度会社員の仕事スタイル戻ります。
ここでは引き続きフリーランスでやっていた時の仕事と同じホームページ制作、サーバ構築・運用管理に加え、私自身が音楽、写真、絵画好きという事もあり、当時フリーで活動していた女流写真家と男性JAZZミュージシャンを引き込み、とアーティストのマネージメント業務もスタートさせました。
儲かる儲からないは別にして、とにかく忙しい日々を過ごしましたがとても充実していて楽しく満足できる毎日でした。それが…。
1回目のフリーランス

2回目のフリーランスは38歳

この会社で勤め2年後、信頼していた先輩からの金銭面、信頼面などの裏切りでこの会社を退職しました。
しかしこの時の仕事で知り合った先輩、仕事仲間の方々から私個人への仕事依頼が急増し、気が付くと2回目のフリーランスになっていました。
この時の仕事は主に広告代理店や大手メーカーからレギュラーでいただくホームページ制作がメインになっていました。
この当時は今ほどWordpressやMovable TypeなどのCMSはまだ世の中には浸透していない時代なので、htmlを制作しまくっていました。
年収は万単位で4桁は軽く超えていた時で年収面では大満足でしたが、体力面はかなりしんどかったです。
理由はクオリティを良くする事は勿論の事、スピーディーに制作する事が最重要だったため、時間との戦いでした。クライアントからOKが出たと思った公開前日に、クライアントの鶴の一声で全部作り直し、なんて事は日常茶飯事で、深夜から朝までの作業がほとんどだったので(汗)。
この当時は新しい情報発信する際は、新たにhtmlの制作が必須だったため、1週間でhtmlを30ページ(ファイル)制作するのは通常で、多い時は50ページ(ファイル)以上の制作をするなんて事もありました。
そんな時、それを知った“裏切りの先輩”からの妨害や、自分自身の体力的面で苦しんでいた事をしった別の先輩から会社と事務所を立ち上げたので“一緒にやらないか?”と声を掛けてもらい、これも二つ返事で喜んで入社しました。これが42歳の時でした。が、しかし…
2回目のフリーランス

3回目のフリーランスは46歳

ここでも詳しくは掛けませんが仕事、金銭、プライベートの事などで様々な問題、トラブルが起こってしまい、心が疲れ切ってしまい、46歳にもなったのに逃げるようにして辞めてしまいました。
ここで今の3回目、そしてアラフィフのフリーランスになる訳です。 ただここで培ったアフィリエイト、SEOの事などを武器にして、1回目や2回目のフリーランスの心持を改め、人から仕事をいただくのではなく、自分が生み出すもので仕事をしていこうと決めました。
今までのフリーランスの仕事スタイルは釣堀の鯉や鮒のように餌がくるのを待って、それに噛り付く仕事の仕方をしていましたが、これからは自分自身の情報・サービス発信で仕事をしていかなくてはと心に強く言い聞かせ進むことにしました。
自分1人でやるのは時間や働き方のスタイルの管理、そして仕事の成功・失敗はすべて自分の責任になります。個人事業主となると苦しい事は増えますが、良く言って自分の好きな事を仕事にでき、心に余裕ができます。<br />
でもやはりアラフィフでのフリーランスは簡単ではありません。<br />
3回目のフリーランスになって約1年になりますが収入面では苦しい状況が続いています。でもその苦しさも会社員時代と違って、頑張る活力になっています。<br />
私より1周り以上歳下のフリーランスブロガーの方々の書籍を何十冊も読ませていただきましたが、仕事の仕方、心持などを勉強させてもらっています。<br />
年齢は関係なく自分自身を管理、そして目的を達成させるためには個人事業主(フリーランス)になる事が一番良い事だと信じ、これからも楽しみながら頑張っていきます!