流行の音楽聴き放題サービス。得するの損するの?

アラフィフブロガー“ともたか39”です。
今や音楽はCD、レコード、テレビ、ラジオの媒体から聴く人口は年々減っているようです。
私もスマホやMP3プレーヤーで音楽を聴く事が多いのですが、必ずCDを購入し、そこからスマホやMP3プレーヤーにコピーする入れ方でおこなっています。 しかし現代の若い人達はYoutubeなどの無料動画サイト、または定額の音楽聴き放題サービスで音楽を聴いている方が増えているとの事。
Youtubeなどの無料動画サイトは私もたまに利用するのですが、音質は良くないですね〜。
では音楽聴き放題サービスの音質はどうなのか?または毎月支払う分だけの価値があるのか?ドコモがサービス提供している【dヒッツ】、Amazonがサービス提供している【Amazon Prime Music】の2サービスを調査してみました。

dヒッツ


dヒッツ

まずは【dヒッツ】のサービス詳細は月額500円(税別)で楽曲数は450万曲以上。

dヒッツ

J-POPの曲がほとんどなのかと勝手に思っていましたが、洋楽も充実しているようです。欧米のPOPミュージック、そしてJAZZ、FUSIONまでも。
私が気に入った機能としては聴いてる楽曲の歌詞を表示してくれるので嬉しい!
そして毎月10曲まで気に入った曲をダウンロードできます。これだけでもCD1枚購入するより安くなりお得です!またパケット代の節約にもなります!

⇒【dヒッツ】の詳細はこちら!

音質に関しては【Amazon Prime Music】の詳細を書いた後にまとめてお話しします。

Amazon Prime Music

次に【Amazon Prime Music】のサービス詳細を記していきます。
Amazonプライム会員向けのサービスの1つで料金は月額400円(税込)、または年額3,900円(税込)。楽曲数は100万曲以上。
※Amazonプライム会員になると購入した商品の“お急ぎ便”費用、または“お届け日時指定便”費用が無料になったり、「Prime Video」といってAmazonが配信する映画やTV番組が見放題になったりするサービスです。



この【Amazon Prime Music】に比べて膨大な楽曲数“4,000万曲以上”が聴き放題のサービス【Amazon Music Unlimited】があります。これを使用するには月額980円(税込)、Amazonプライム会員なら月額プラス780円(税込)で利用できます。



聴き放題の音源の音質

【dヒッツ】も【Amazon Prime Music】も音質では大差ないです。両方とも同じですが、圧縮された音源なのでどうしても音質のクオリティが下がり、CDやレコードに比べて機械染みた“キンキン音”に聴こえてしまいます。ただスマホやMP3プレーヤーで聴きなれている方であれば全然問題ないでしょう。
ただアラフィフ世代からそれ以上の世代の方に多いJAZZやSOULなどをレコードで聴きなれている方は温か味が無く、冷たい音に聴こえるかもしれません。
そして何よりwifiを使用しないとパケット代が膨大にかかります、ご使用なる時はご注意を!
でも【dヒッツ】は毎月10曲までダウンロードできるそうなので助かります。【Amazon Prime Music】も同サービスを願います。

音質の事は気にしない方で懐かしい日本の歌謡曲や古いロック、R&Bなどを聴きたい方はオススメです。アラフィフ世代でも1〜2ヶ月の短期間で試してみる価値はあると思いますよ!

dヒッツ