アラフィフでもイケてる格好&スタイルをするには?

アラフィフになると頭はハゲる、お腹はでる、口臭が臭い、体臭が臭い、着る洋服、履く靴がダサい、自分の過去の話、自慢話が多くなるなどおっさんならではの事が次々に、そして知らず知らずになっていきます。
アラフィフ同世代としてオシャレで紳士になれとは言いませんが、できる限り周りの人々に良い印象を与えるようにしませんか?そこで今回は自分自身で良かれと思ってやっている事が、周りからしたらダサい、嫌だ、気を遣うわなどなど、そういう風に思われないようにするための心得を綴っていきます。
アラフィフの格好、スタイル

カツラは人に気を遣わせる

頭の髪の毛が少なくなり、気にする人、気にしない人それぞれですが、頭が禿げたアラフィフおっさんに忠告です。カツラを被るのだけは止めましょう。周りの人は100%とまでは言いませんが、ほとんどの方がカツラを被っている事に気が付いています。自分自身で“頭髪はカツラだよ”と宣言して使用するのは全然良いと思うのですが、皆が気が付いてないと思ってカツラを使用しているのが本当に迷惑です。先にも述べましたが周りの方々はカツラの事に気が付いているため気を遣わせます。ヘアスタイルの話、芸能人、政治家など有名人のカツラのゴシップネタ話などあなた自身がいる前ではこういった話ができません。また風が強い時にカツラ飛ばない?と余計な心配をされたり、最悪あなた自身がいない時に噂話のターゲットに結構高い確率でされていますよ。
そうされないためにもハゲたらハゲたままで、もしくは坊主にするとかしていまある自然な状態のままにした方が絶対良いです。断言します!帽子は被ってもカツラは被るなが鉄則です。
植毛という手もありますが、まだカツラより良いかもしれませんが、でも噂話のターゲットになる事はあるでしょうね。

体臭、口臭は念入りに

歳を重ねる毎に加齢臭はでてしまうもので仕方ありません。これを対策するために歯は丹念に磨きましょう。理想は食後は毎回磨きましょう。お酒を飲んだ日は必ずシャワーを浴び脇、首回り、耳の後ろ、股間は入念に洗いましょう。これらが臭いの元です。特に男性用デオドラントなども使う必要はなく、石鹸、ボディーソープなどで充分に臭い消しになります。
それとお酒を飲んでいる時に来ていたスーツは酒やその時食べた食べ物の臭いが残っているので、翌日はスーツを変えていきましょう。もしくはそのスーツを帰宅直後が翌朝にファブリーズしましょう。臭いはクサくない事に限ります。

普段着から気にかけましょう

仕事が休みなどの日は楽な格好でいたいのはわかりますが、寝る時以外はジャージ、スウェット姿は止めましょう。特に外出する時は。
着やすいという心持が老けていく大きな要因になります。休日でも起きて朝食を食べる後から就寝するまでは外出する時と同じ感覚で誰かに見られているという意識を持った格好を心掛けましょう。こうする意識を持つ事により会社に出社する時の格好、持ち物まで意識が高まり老けを止め、場合によ手は若返った感じになるでしょう。部下や若いお客様相手へも好印象を持たれる事間違いなし!

過去の話、ましてや武勇伝はやまめしょう

良くあるアラフィフのあるある事です。“昔はヤンチャしてた”、“高校時代からタバコ、酒をやっていた”、“ケンカを良くした”など昔の武勇伝を部下や若い世代の人達へ語られても迷惑以外何物でもないです。部下の方や若い女性達は合わせて“凄い”、“格好良いです”と言ってくれるかもしれませんが、心の中では“つまらない”、“出たーまたこの話”、“退屈だわ”などと確実に思っています。話を合わせてくれてる事で調子に乗りオーバーなヤンチャ話を更にし続けますが、本当にやめましょう。心からお願いします。時間の無駄です。
またバブル時代の話も止めましょう。如何に自分が遊び人だったとか、女性経験が豊富とか、マジでやんなっちゃいますよ。
アラフィフ男なら黙って若い人達の言いたい事、悩み、困っている事を黙って聞いて、適切なアドバイスをくどくなくする程度にしてあげましょう。これがイケてるアラフィフ男です。

アラフィフ男は周りの人に対してシンプルで清潔感、好感度を意識して行動、言動しましょう。
ひょっとすると若い女性達の人気が上がるかもです(笑)! 素敵で周りに気遣いでき、優しいアラフィフ男でいましょうね。