スタバ、タリーズで良く見るノマドワーカー

スターバックス タリーズ
最近は自宅兼事務所で仕事をするよりスターバックス(以下スタバ)やタリーズなどで仕事をする回数が増えました。
何らかの飲食をおこなえば基本的にwifiが無料で使い放題という点と、アラフィフの自宅作業では集中力が続かないという点です。
とは言ってもコーヒーを1杯で3〜4時間居座るのは気が引けるので、2時間単位で1杯オーダーして飲むようにしてます。(苦笑)
こういった仕事の仕方をしているとメンツが大体同じ事に気が付きました。この時代想像以上に“ノマド”が増えているんですね。アラフィフの“ノマド”も。

ノマドを知ったキッカケ

数年前に毎週日曜の午後11時からTBSで放映されている『情熱大陸』で特集されていた“安藤美冬”でノマドの存在を知りました。安藤美冬は大学卒業後に集英社に入社し、退社後ノマドの先駆けとして現在に至っているようです。
ノマドは何かとを要約すると、事務所を持たず、カフェや漫画喫茶などで仕事をするスタイルの事を言います。ノマドの直訳は「遊牧民」だそうです。
その当時はそんな仕事の仕方できるの?と思っていましたが、気が付けば私もアラフィフにして“ノマド”になっていました。
スタバやタリーズ、そしてコメダ珈琲店までも無料wifiのサービスを提供していて、ノマドし易くなったのでしょう。それと会社勤めを辞め、フリーランスで活動する方がここ数年でぐっと増えたんだと思います。

私が見かけるノマド達

私が良く行くカフェチェーンはスタバとタリーズです。スタバは東京の城西地区にある某高速の入り口近所にあるところと、鶴見にある某国道沿いのところです。2箇所ともドライブスルーと駐車場があります。ただ城西地区のところは土日の12:00〜17:00までは読書やパソコンを使用することが禁止になっていて、鶴見は駐車料金が掛かるようになりました。(ただ1杯でも注文すると2時間まで無料になります。)
タリーズは自宅近所で自転車で5分程度のところです。
また最近コメダ珈琲店もでき、ここも無料wifiの提供をしているので、ここも使ってみようと思っていますが年配者の方が多く、いつも並んでいるのでそのうちですね。
話を戻しますが、主にこの3店舗を使用しているのですが、行き着けると見かける顔が次々と出会います。(会話した事はないですが…)
城西地区のスタバには私と同じアラフィフらしきおっさん風ファッションの男性、いつも帽子とメガネをしているアラフォーらしき男性、受験勉強らしき事をしているティーンエイジの女子が数人、そして奥様達の集団。(彼女たちはここで待ち合わせして一緒に勉強、井戸端会議をしているようです。)
鶴見のスタバには、落ち着きあるアラフォー世代男性、そしてやはり受験勉強に精をだしている女子が数人。タリーズにはMacBookを扱う20代男性、そして同じくMacBookのアラサー男性などなど。
この3店舗で気が付いたのですが、30代以下の男性、女性も黙々とパソコンを操作したり、勉強をしている方が多いのですが、アラフォーやアラフィフの男性はとにかく“貧乏揺すり”をしている人が多いことにビックリ!
私は普段iPhoneで音楽を聴きながら仕事をしているので雑音などは気にならないのですが、目の雑動作?が気になって気になって…。アラフォーやアラフィフは何かにイライラしているのでしょうか?
私は昔から貧乏揺すりが下手というか、やる意味がわからない人間なので勝手に想像すると欲求不満、ストレス、せっかちな人なんだろうなあと思っています。
先にも書きましたが、一応無料でwifiをしようさせてもらっているので、2時間単位で1杯オーダーするようにしていますが、アラフォー、アラフィフ男性の方々は1杯でかなりの時間居座っています。
良く見るとショートサイズのコーヒーで3〜4時間以上も。肝が大きいのか、ケチなのか…。
まあこういう方たちが居るので土日の混み合う12:00〜17:00までの読書やパソコンが禁止になったんだと思います。
まあこんな周りの人を観察して、勝手な想像をするなんて、この方達と同じレベルなのかもしれませんが。

ノマドにオススメ無料wifiが使用できるお店

最後に無料でwifiが使用できるお店を改めて紹介しておきます。 ドトールコーヒー、ベローチェ、プロント、ルノーアルや最近目にすることが増えた星乃珈琲店なども無料wifiサービスを期待します!