アラフィフでのアルバイトはなかなか大変(-_-;)

アラフィフのアルバイト
3度目のフリーランスになって稼ぎが思った以上に悪く…
その理由として以前でのフリーランスは、広告代理店から仕事を貰い、時間との勝負でWeb制作を肉体労働のようにせっせと働いていましたが、アラフィフになると体力の衰えもあり、そして人からふっていただく仕事だけだと収入に限界がありまして…
それを脱皮するために自らの発信で商売をしようと思って始めたのですが、なかなか短期間では利益に繋がらずでして。
利益がでるまでアルバイトをおこなおうと求人広告などをみて“ビル内の清掃”、“棚卸”、“荷物の仕分け”など色々申し込んでみたのですが、年齢の壁はかなり高いようです。

アラフィフのバイト応募の現実

毎週日曜日に入ってくる新聞広告をみて、まずは電話で問い合わせをします。私の声の感じで年齢がいっているなぁと電話を受けた担当者に気付かれます(苦笑)
担当者から「おいくつですか?」と聞かれ40代後半と返答すると「すみません、ウチは男性は35歳までなんですよ、すみません。」または「主婦の方をメインに募集してまして。」というような感じであっさり断られます。
これは私の勝手な想像ですが、仮に雇っていただいたとしても、上司になる方が私の年代よりも若い方が多いため、年上の男性を雇うのは扱い辛いんだと思います。そしてこれはとある企業で人事担当をしている知人から聞いたのですが主婦のパートタイムの方がまじめで長続きする傾向があるようです。共働きが当たり前になり、主婦の労働意欲はハンパないようです。

アラフィフで可能なバイトとは?

これはまだ実際に問い合わせ、申込みをした訳ではないのですが、ビルの警備員、駐車場の管理、道路工事での交通誘導警備員などであれば、アラフィフ男性でも雇ってもらえる可能性が高いのだとか。ただ深夜作業も多いようで昼夜が逆転する生活になってしまう事もしばしばあるようです。
そうすると自分の本業に支障がでそうで…でもそんな事を言っている場合ではないのかと悩みつつ、なかなか行動できません。

タウンワークではアラフィフでのバイトがある!?

ネットに関わる仕事をしてきたくせに、ネット検索でのアルバイト探しをすっかり忘れていました(苦笑)
早速ネットで『アラフィフ アルバイト』で検索してみたところ“50代のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】”がヒットしました。 他の若い世代のアルバイト求人数に比べてかなり少ないですが、ある事はあります。2018年2月15日時点では、私が見た求人広告のものと大差なく早朝、深夜作業の求人が多く、職種的にも警備員系が多く見受けられました。
やはり年齢が増すと、こんなにも現実が厳しいとは。ダウンタウンの松本人志さんが毎日のようにTVCMで『バイトアプリは、タウンワーク』と言っているのですが、スマホアプリを簡単に使いこなす若年層の方たち向けのものなのですかねぇ。とほほ(涙)

アルバイトせずに今の仕事を突き進む

現時点での月収入はスズメの涙程度ですが、アルバイトをやってしまうと今自分が進めている仕事がおざなりになってしまう可能性が高いと判断し、結果的に現状は厳しいですが、未来をみてアルバイトはせず、自分自身で定めた、そして信じる道を突き進もうと決めました。
自分の微々たる知能と技術をこれまで以上にフル回転させ、頑張るぞ!いや頑張るという意気込みだけではダメですね。思った事は考える前に行動し、失敗したらそれを糧に違う方法で行動する!これが今私がやる事だと。半年後、いや3か月後に皆様に驚くような報告ができるよう、やったります!!