SEOでの意外な点を見落としてませんか!?

seo
みなさん!SEOしてますか?と、いきなりアラフィフのおっさんが言い出して何の事だと思いますよね(笑)
SEOといきなりですがホームページ、ブログなどをやっている方であれば一度は聞いた事があるのではないかと思います。
SEOは“Search Engine Optimization”の略であり、日本語に訳すと検索エンジン最適化という意味になります。こういってもピンとこない方がいらっしゃるんだと思います。一般的にSEOという言葉を使用する時には検索エンジン、すなわちGoogleで検索したワードで上位表示させるために使う施策と言われています。現在はYahooでの検索もGoogleの検索エンジンが使用されていますので、Googleを制する者はインターネットでの検索を制するという事になるんだと思います。

SEOは被リンクだけで良い!?

SEOと言うとSEO業者などに依頼をして、所謂“被リンク”(バックリンク)を頼んでいるところもあるかもしれません。果たしてこれだけで目的のワードで検索上位表示が可能なのでしょうか?答えは×です。
Googleの有能な技術(アルゴリズムなど)により検索結果表示の技術は向上され、不正なリンクと判断されると、ケースによってはGoogleからのペナルティを受け順位下落、または指定検索ワードから非表示になる場合もあります。被リンクは勿論重要なのですが、被リンクはそのサイトに向けて適正なサイトからの被リンク、または関連性が高い被リンクかが重要になってきています。
まずは被リンクを気にするよりもコンテンツ自体が順位上昇を狙うためのワードにあったコンテンツになっているかが改めて見直してみましょう。
参考:サイトからの不自然なリンク

内部SEOをキチンとおこなっていますか?

まずはお持ちのサイト(コンテンツ)が、正しいhtmlの構造で制作されているかを確認しましょう。titleタグの中身やdescription(サイトの説明)などが狙っているワード、説明内容が含まれているか、または適性の文字数で長すぎず、短すぎずになっていないか?hタグも正しい順番になっているか?コンテンツそのものがキーワードの内容に沿って書かれているものか?記事のボリューム(文字数)が狙っているワードの説明として十分に足りているか?そしてサイト自体がスマホ対応(レスポンシブ対応含む)になっているか?など内部の構造が内部SEOとしてしっかりしているか今一度再確認してみましょう。

ご連絡はこちらのフォームから→お問い合わせフォーム

SEOのプロからのアドバイスをもらいましょう

前項までにあげた事の確認が自前、または自社で難しい場合、はじめてSEO経験が高いプロの方へ初めて相談してみましょう。もちろん私でも初回は無料でアドバイスさせていただきますのでお気軽にご連絡ください!
私は今までSEOに10年以上関わってきていますが、htmlの構造を正しく構成し、ターゲットのワードにあったコンテンツになっていれば、少なくとも自社名(サイトタイトル名)だけでも上位表示がされます。逆に言うと間違ったhtmlの組み方、コンテンツが狙ったワードの内容になっていないと自社名(サイトタイトル名)すら10位以内に表示されないなんてことがざらにあります。お持ちのサイトのタイトル名をフルネームで検索し、同名なタイトルのサイトが多数あるなら1位表示はされないかもしれませんが、少なくとも同名のタイトルのサイトがないのであれば、1位表されるはずです。2位以下であれば初歩的なSEO(正しいhtml構成)ができていない可能性が高いです。
被リンクをSEO業者なるものに頼るより内部SEO対策で基本的な事を構成するほうが1番のSEOになります。

SEOのまとめ

検索順位がなかなか上がらない方はURL(http://〜、またはhttps://〜)をそのままGoogleの検索フィールドに入力し検索してみてください。検索結果が表示されない、または1位で表示されない場合はhtmlの組み方、コンテンツを今一度見直してみましょう。
SEO施策をおこなうには、何度もお伝えしますがSEOにあった正しいhtmlの組み方をおこない、狙ったワードに対して充分なコンテンツになっていれば、SEO業者に頼らなくても最低限の事はできます。
SEOに対してのhtmlの組み方が難しく、ハードルが高いとお悩みの方は、是非この私“ともたか39”にご連絡ください。初回のアドバイス、内部施策は無料でお応えします!

ご連絡はこちらのフォームから→お問い合わせフォーム